体を燃やす
ハイカロリートレーニング

左右のワンツー!左右のキック!!

キックボクシングの全身運動と軽快なリズムを取り入れたトレーニングは抜群のカロリー消費が見込めます。なので、楽しみながら、脂肪をどんどん燃やすことができます。

 

トレーニング1回あたりの消費カロリー

45分間で約700kcal + アフターバーン効果150kcal = 850kcal

1ヶ月このトレーニングを続けた場合の消費カロリー

・週2回のトレーニング 850kcal × 8回 = 6,800kcal

・週3回のトレーニング 850kcal × 12回 = 10,200kcal

 

 

フィットネスの2.1倍で高い運動強度

運動の強度をあらわす基準値「Mets」(メッツ)。キックボクシングは、ほかの一般的な運動と比べて高い数値を示しています。だから、同じ時間動いても、より高いダイエット効果を期待できるのです。

運動強度 = Mets

ジョギング  —- 6.5 → 1.6倍
フィットネス(ウエイト・体操)—- 5   → 2.1倍
家事 —- 2.8 → 3.7倍
キックボクシング —- 10.3

 

運動後も消費カロリーがアップするアフターバーン効果

高強度の運動を行った後は、体に不足した酸素やエネルギーを補給したり、筋肉を修復するために多くのカロリーが使われます。その効果は1〜3日ほど持続すると言われ、運動をはじめたばかりの人ほど長く続きます。

ハードな運動をしたあとの体はその後も24~72時間カロリー消費を続けることも

 

全力とゆるい運動をミックスしたHIITで、脂肪燃焼

HIITとは、「全力で動く運動」と「ゆるい運動」を交互にくり返す「高強度インターバルトレーニング」のこと。筋肉は、あまり長く激しい動きを続けると、損傷したり、筋肉自体をエネルギーとして使ったりするため、かえって小さくなってしまいます。高強度のトレーニングを短時間で行うことで、筋肉を減らさず体脂肪だけを燃やすことができます。

成長ホルモンによりアンチエイジング効果も

20才を100とすると、30才で80、60才で40・・・年齢とともに減っていく成長ホルモン。しかし運動をした後は、ホルモンの分泌が活発になります。運動を続けることで、さまざまなアンチエイジング効果を期待できるのです。

 

女性に嬉しい成長ホルモンのはたらき

1.お肌の再生サイクルを早める
皮膚の代謝が上がることでUVやストレス、加齢によるお肌のダメージを修復するサイクルが早くなります。

2.肌にハリをあたえる
皮下組織にある繊維芽細胞に作用してヒアルロン酸をつくり、お肌の水分量、コラーゲンを増やします。

3.体脂肪・コレステロールを減らす
成長ホルモンは体内の糖を分解してエネルギー代謝を上げるとともに、脂肪分解作用を高め、体脂肪・コレステロールを減らします。

4.バストアップ効果も
成長ホルモンは乳腺ラクトゲン受容体にも作用します。

5.髪にコシとボリュームがでる
成長ホルモンは、育毛・増毛にも作用し年齢とともに気になる紙の質感やボリュームを改善する効果も期待できます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
福岡で気軽にキックボクシング始めるなら
ANCHORAGE “fukuoka kickboxing studio”
——————————————————————–
ANCHORAGE大橋
〒815-0033 福岡県福岡市南区大橋1-14-8 カーサクワトロ2F
TEL : 092-555-3302 FAX:092-555-3537

ANCHORAGE博多
〒812-0011 福岡県福岡市博多区博多駅前3-18-8 ブルク博多駅前ビル 屋上階(7F)
TEL : 092-984-3498 FAX:092-985-5304
Facebook Twitter Instagram LINE@ YouTube 

<LINEスタンプ>
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━